一般社団法人 日本溶融亜鉛鍍金協会
HOME > 亜鉛めっきについて > 溶融亜鉛めっきの規格 > JIS規格(H 8641)抜粋

  • 中央職業能力開発協会








JIS規格(H 8641)抜粋

溶融亜鉛めっきJIS H 8641(平成19年1月20日改正) http://aen-mekki.or.jp/mekki/jish8641/a_blt001.gif

・・・・・溶融亜鉛めっきのJIS規格の抜粋版をここに掲げます。・・・・・
なお、抜粋ですので、詳細はJIS規格本体でご確認下さい。


まえがき
この規格は、工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき、社団法人日本溶融亜鉛 鍍金協会(JGA)/財団法入日本規格協会(JSA)から、工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの 申出があり、日本工業標準調査会の審議を経て、経済産業大臣が改正した日本工業規格である。
これによってJIS H 8641:1999は改正され、また、JIS H 9142:1999は廃止・統合され、この規格に置き換えられる。
改正に当たっては、日本工業規格と国際規格との対比、国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日本工 業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために、ISO 1461:1999を基礎として用いた。
この規格の一部が、特許権、出願公開後の特許出願、実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に抵 触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は、このような特許権、出願 公開後の特許出願、夷用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について、責任はもたない。

JIS H 8641には、次に示す附属書がある。
附属書1(規定)溶融亜鉛めっき用素材
附属書2(参考)JISと対応する国際規格との対比表 :省略

 

JIS H 8641 (抜粋)(pdf:26KB)

附属書1(規定)溶融亜鉛めっき用素材(pdf:17KB)